Tearing IF

メールやSNSアプリケーションを利用して電子情報を受け渡すためには、送信者は受信者の連絡先を知っている必要があるが、受け渡し相手が初見である場合等は抵抗を感じる人が多いと思われる。この問題を解決するため、紙をちぎって手渡すことで電子情報の受け渡しを可能にするモデルを提案する。これにより、ユーザはどこにでもある紙で連絡先を交換せずに電子情報の受け渡しができるようになる。

Papers
呉健朗, 玉城和也, 中村仁汰, 宮田章裕: [Award] 紙をちぎることで電子情報を手渡すインタラクション方式の基礎検討, DICOMO’17 (2017)

Back to the project list