Joke Agent

発展を続ける情報分野を支える技術の1つとして対話型エージェントが挙げられるが、エージェントとの無機質な対話に親しみを感じられないユーザが一定数いる。この問題を解決するため、ユーザの発言の一部をわざと間違えて聞き返す「ボケて返す対話型エージェント」を提案する。このエージェントにより対話にユーモアが生まれ、ユーザが親しみを感じることが期待される。我々は、認知科学領域で支持されている不適合-解決モデルに基づいてユーモアのある対話モデルを構築した。このモデルでは、元の単語と音が近く意味が遠い単語を聞き間違え語として出力する。

Papers
瀧田航平, 鈴木奨, 呉健朗, 堀越和, 中辻真(NTTレゾナント), 宮田章裕: [Award] キャラクタ性を持ったボケて返す対話型エージェントの基礎検討, GNWS’17 (2017)
鈴木奨, 呉健朗, 瀧田航平, 堀越和, 中辻真(NTTレゾナント), 宮田章裕: ボケて返す対話型エージェントの基礎検討, GN102 (2017)

Exhibition
東京ゲームショウ2017 (NTTレゾナント社ブース) (2017)

Media
国際イベントニュース: AI、笑いを学ぶ (2017)
日経トレンディネット: 「ボケるAI」初公開。スゴイ技術で、あえて間違える【TGS2017】 (2017)
ITMedia: 「電話番号教えて」「え、ケンカ番長?」 日大生が作った“ボケるAI” (2017)

この研究はNTTレゾナント株式会社との共同研究である。
This project was conducted with NTT Resonant Inc.

Back to the project list