Dementia Agent

認知症は世界的にも患者数が増え続けている病気である。しかし,認知症への理解が浅いために,介護者が認知症患者とのコミュニケーションの成立を感じにくいという問題がある。そこで我々は介護者向けに,認知症患者との対話を疑似体験する対話型エージェントシステムを提案する。このシステムにより,介護者の認知症への理解が深まり,患者とコミュケーションする際の心理的負担を軽減できることが期待される。

Paper
樋口恭佑, 鈴木天詩, 宮田章裕: 認知症の理解を支援する対話型エージェントの実装, IPSJ第80回全国大会 (2018)
鈴木天詩, 宮田章裕: 認知症の理解を支援する対話型エージェントの基礎検討, IPSJ GN-102 (2017)

Back to the project list